Search
Search Menu

投資マンションの収益

投資マンションのインカムゲイン

インカムゲインとは

かつてバブルの時代には、投資マンションなどの不動産投資は、土地の値段が上がり続けることによる収益を期待し、物件そのものを高く売ることによって得られる大きな利益、いわゆる「キャピタルゲイン」と呼ばれるものに期待するという考え方が主流となっていました。

しかし、バブルが崩壊し、土地の値上がり益などへの期待は全くできなくなってしまった現代では、不動産投資に一攫千金的なキャピタルゲインを期待するよりも、毎月のささやかな賃料収入に期待をするという地道な「インカムゲイン」と呼ばれる利益をあてにする…という考え方が、主流になっています。

預貯金などはほとんど利益が期待できない現代ですから、それに比べれば不動産投資はかなり高い利回りであるといえる、というわけです。

大家さんとして

インカムゲインには、土地を貸すことによって得られる地代と、建物を貸して得られる家賃の2種類が存在しますが、収益という面では明らかに家賃収入の方が高いため、多くの投資家が投資マンションなどを購入後「大家さん」として家賃を得ることになります。

最近では、ごく普通のサラリーマンや、主婦などでも、ワンルームのオーナーなどとして投資マンションを所有しているという人もいるのだとか。

Leave a Comment

Required fields are marked *.