Search
Search Menu

耐震住宅は、高断熱住宅

夏涼しく、冬暖かい

次世代省エネルギー基準対応

耐震住宅は昨今では様々ありますが、パナソニック住宅のアバンセはそのどれよりも強固な耐震性を携えています。国内最高等級の3相当の頑丈さは、想定される大震災でも安心できるレベルとされているからです。

しかし耐震性が高くても住みにくい住宅ではいけませんから、高気密、高断熱設計で快適さまでも手に出来るのです。さらにオプションで高断熱な住宅を目指すのが、快適をプラスする「くるみ~な」ではないでしょうか。

外貼り断熱を駆使して住宅をくるむ考え方は、夏涼しく、冬暖かい、次世代省エネルギー基準認定の素晴らしいいものです。

くるみ~なは快適

高気密、高断熱の住宅としてオプションで「くるみ~な」を選択すれば、外貼り断熱が施されますが、パナソニック住宅のオプションはそんなものだけでは終わりません。

「くるみ~な」に含まれる効果は、開口部へも気を馳せているからです。断熱効果の高いサッシと、LOW-Eガラスによって、室内外の温度差から起こる結露までも制御しているのですから素晴らしい。

遮音性にも優れ、24時間計画換気によってさわやかな空気を取り入れることも行っているのです。熱損失を大幅に抑え、無駄のない冷暖房を支えるからこそ、更なるエコ度が増してくるのです。

耐震住宅を探す際には、それ以外の点もきちんと見定めておかなくてはいけないでしょう。

Leave a Comment

Required fields are marked *.